世話人業務の「日常支援」とは?

 「GHおうち群馬桐生では、夜間帯も含め16:00〜翌朝9:00まで世話人が常駐しています。料理や掃除等の家事業務(前回ブログ)だけでなく、日常生活全般に関わるお手伝いもしています。その日常生活に関わる「日常支援業務」とは、どのような仕事なのでしょうか。

世話人の「日常支援業務」とは?

世話人の日常支援業務とは、下記のものがあります。

  • 服薬管理
  • 金銭管理
  • 夜間の見回り
  • 体調管理、日々の相談
  • 日誌入力
  • 役所手続き、病院付き添い

それぞれ、内容を見ていきましょう。

食事時、就寝前の服薬管理

 ご入居者の多くは薬を服用されている方がほとんどですが、飲み忘れたりすることもあるかもしれません。「GHおうち群馬桐生」では、毎食時に世話人からその日の分のお薬を渡し、実際に飲むところまで確認し記録も付けます。

 就寝時の服薬も世話人からお薬を渡して目の前で飲んで頂きます。こうすれば、飲み忘れたり間違った量を飲んでしまう心配もなくなります。

金銭・通帳・印鑑・クレジットカードの管理

 就労の給料や障害年金、生活保護が支給されても、つい使い過ぎてしまう事もあるかもしれません。「GHおうち群馬桐生」では、統括管理責任者の川島が、ご希望であればご入居者の金銭、預金通帳、印鑑、クレジットカードまで責任持って管理させて頂きます。

 毎週お小遣いの形で現金を支給、現金は本人が管理するけどお小遣い帳を付けてもらうなど、ご本人や保護者様のご希望に合わせて管理致します。

夜間の各部屋見回り

 23:00〜6:00の就寝時間の際も、世話人は常駐しています。就寝時間中の深夜1:00と早朝5:00に、ちゃんと就寝しているか、体調に問題がなさそうか各部屋を見回って確認します。

 夜どうしても眠れない時などは、世話人がお話を聞くこともあります。

体調管理、日々の相談

 起床時と帰宅時に必ず体温チェックします。

 また朝夕ともに一緒に食事をするので、何気ない会話や仕草で悩み事がないかなども気にかけます。
聞いて欲しいことがあれば、遠慮なく世話人や管理者までご相談ください。

日中業務日誌、夜間業務日誌入力

 「GHおうち群馬桐生」では、世話人は日中業務日誌、夜間業務日誌をオンラインで記録します。直接翌日の世話人と会えなくても、申し送り事項はこちらで正確に伝わります。

 セキュリティも二重のパスワードで守られているので、プライバシーが外部に漏れることもありません。

役所手続き、病院付き添い

 役所等に手続きに行くことも多いと思いますが、その際もご希望の場合は世話人か管理者が同行致します。

 また急病や定期的な通院もご希望であれば同行致します。その際にかかる交通費等の実費のみご請求させて頂きます。

 慣れないグループホーム生活に不安をお感じの方も多いと思いますが、いつも世話人や管理者がおりますので遠慮なくご相談ください。

入居前の相談も受け付けております。下記のフォームよりお申し込みください。

お問い合わせフォーム

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です