日常生活について

Q:障がい者グループホームとは?

A:障がい者グループホームとは、若年層〜高齢者の男女で、知的・精神・発達障がいをお持ちの方の一人暮らしをサポートする共同生活支援の場です。病院等の隔離された施設とは違い、あくまで障がい者本人が自立した生活を送ることができるように、サポートを行います。当ホームは一軒家に4〜5人で共同生活を行います。日中は就労支援やデイケア等に行って頂き、主に夕方〜翌朝にホームで支援を行います。朝・夕の食事や共用部の掃除は世話人が行います。深夜帯も世話人または管理者が常駐しており、医療連携もあります。

Q:世話人とは?

A:グループホームに住む入居者さんの生活を支援する者のことを指します。入居者さんの個人レベルに合わせて、本人が「自分で自分のことができる」状態を目指し、食事・掃除などのサポートを行います。

Q:世話人さんがグループホームにいる時間帯は?

A:16時〜翌朝9時まで(深夜も常駐)
※9時〜16時までの間は、緊急的な場合を除き常駐していません。
この時間帯はグループホームの使用はできず、入居者さんにはデイケア、就労等に行って頂いています。

Q:就労やデイサービスが休みの土日祝の食事はどうなってますか?

A:土日祝も平日と同じ時間に朝食と夕食を準備致します。昼食はご用意しませんが、徒歩30秒のところに24時間スーパーがございますのでご安心ください。また世話人が立ち合いできればキッチンで自炊する事もできます。

Q:部屋は個室ですか?

A:全部屋鍵付きの個室です。5畳半〜6畳の広さで、エアコン、Wi-Fi完備です。

Q:服薬の管理はしてもらえますか?

A:世話人が毎食前、後に薬を渡し、服薬したかどうか確認致しますのでご安心ください。また鍵付きの棚に薬を入居者別に管理しますので、余分に服薬してしまうこともありません。

Q:食事ではアレルギー対応してもらえますか?

A:7大アレルギー(卵、乳、小麦、えび、かに、落花生、そば)であれば、できる限り対応させて頂きます。

Q:家族や友達を部屋に招いたり宿泊させたりしても大丈夫ですか?

A:お友達や他の入居者の入室は禁止とさせて頂いています。ご家族は入室は大丈夫ですが、宿泊の際は事前にご連絡を必ずお願い致します。なおご家族の方の分のお食事はご用意出来かねますのでご了承下さい。

Q:部屋でペットは飼えますか?

A:共同生活のため、部屋でのペット飼育は禁止とさせて頂いています。(現在飼っている場合はご相談ください)

Q:他に持ち込み禁止のものはありますか?

A:灯油ストーブ、アルコール類、タバコ、楽器、火器、刃物等危険物は部屋への持ち込みを禁止とさせて頂いております。

Q:ホームは禁煙ですか?

A:屋内、屋外、庭や近隣等も含め、全て禁煙となります。喫煙者は入居をお断りさせて頂きます。

Q:イベント等はありますか?

A:BBQや遠足など、楽しいイベントをたくさんご用意致します。もし入居者からのご希望があればどんどん取り入れていきます。壱番館、弐番館一緒に行いますので、入居者同士の交流も楽しみにしていてください。

Q:病院や役所への付き添いはしてもらえますか?

A:付き添いや役所での手続きのお手伝いも致します。普段の通院のみならず、夜中の急病など緊急時も職員が付き添います。なお付き添い時の実費等はご請求させて頂きます。

Q:金銭や預金通帳、クレジットカードの管理はしてもらえますか?

A:全て鍵付きの金庫にて施設管理者が管理させて頂きます。毎週必要な金額だけ管理者から入居者にお渡しであれば、無駄使いなどの心配もなくなります。

Q:コロナ対策はどうしていますか?

A:職員、入居者ともに入館時の手洗いとアルコール消毒を徹底しています。共用部ではマスク着用し、現在のところ食事以外ではリビングルームの使用を中止しています。テーブル、椅子、ドアノブ、手すり等も随時消毒しています。食事前には検温も実施し、入居者の体調管理をしています。

手続き関係について

Q:空き室状況をおしえてください

A:空き室状況については随時変更もある為、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Q:体験入居は出来ますか?

A:はい、出来ます。一泊二日からとなります。日程等はご相談ください。なお、御自宅で暮らす障がい者が、短い期間のみグループホームへ入所する「短期入所(ショートステイ)」は、現在のところ行っておりません。

Q:体験入居で必要な持ち物は何ですか?

A:以下のものをご持参ください。

  • 現在服薬しているお薬、軟膏、湿布等
  • 洗面用具(歯ブラシ、タオル、バスタオル、シャンプー、ボディーソープ等)
  • 着替え
    ※布団一式(敷き布団、掛け布団、毛布)、食器、箸等はお貸出しいたします。

Q:入居の際、部屋を選ぶことはできますか?

A:部屋の空き状況により可能です。

Q:初期費用や毎月の費用はどのくらいですか?

A:毎月の費用は下記の通りです。

家賃30,000円
食費(朝夕30日の場合/朝350円・夕600円))28,500円
水道光熱(※Wi-Fi利用希望者は別途3,000円)15,000円(4~6月/10~11月)
20,000円(12~3月/7~9月) 
日用品費3,000円
月合計76,500円(4~6月/10~11月)
81,500円(12~3月/7~9月)
※経済状況等により変更になる場合がございます。

Q:生活保護受給者も入居できますか?

A:障がい者受給者証を持っている方であれば大丈夫です。市町村の生活保護を担当する課に申請すれば、家賃の一部を支給してもらえます。

Q:入居にあたって、保証人は必要ですか?

A:緊急時に連絡させて頂く保証人もしくは身元引き受け人を申し込みの際に記載頂いております。

Q:入居条件はありますか?

A:下記の通りとなります。

  1. 18〜64歳までの男女で、日常生活、共同生活が送れる精神、知的、発達障がい者の方
  2. 障がい区分2〜4までの方(申請中・取得予定の方応相談)。区分1.2.5.6もご相談ください。
  3. 平日の日中に、就労やデイケア等に通える方(応相談)
  4. 自傷・他傷行為の恐れのない方、伝染病や感染症等のない方
  5. 共同生活援助利用の受給者証を申請・発行済み、または申請中の方

Q:現在、群馬県以外に住んでいますが、申し込みはできますか?

A:他県在住の方でも大丈夫です。まずはお住まいの市の福祉課にお問い合わせください。

Q:入居者の障がいの種類はどんなものですか?

A:知的障がい・精神障がい・発達障がいの方々が対象となりますが、それぞれの程度には個人差があるため、入居前の面談を経て、グループホームに入居可能かどうかをご相談した上で決定します。

Q:グループホームと病院施設の違いはなんですか?

A:障がい者グループホームは障がい者の自立を目的とした生活空間の場です。病院等の隔離された施設とは違い、可能な限り本人が自立した生活を送ることができるように、サポートを行います。